新着情報

2013年8月22日 ネットショップで稼ぐ

以前はお店を持つのはきちんと店舗が必要で並べるための在庫もある程度まとまって必要でした。 つまりお店を出店するにはまとまった資金や場所が必要で、誰でも気軽に出店できるというものではありませんでした。 しかも対象となるお客様も基本的にはその店舗に来ることができる方々ということでごく限られた範囲の商圏でのビジネスになっていました。 けれど今は違います。 インターネットならではのメリットがあるネットショップなら実際の店舗を持たなくても、ネット上のウェブサイトを使って日本中、いいえ世界中の方をターゲットにしてビジネスを展開することができるのです。 それにはやはり他では見られないような魅力のある商品を用意できるかということと、ある程度のネットに関する知識が必要にはなってきますが、基本的にどなたでも開業することができます。 楽天のような出店料を支払ってシステムを利用するモールを使うやり方と、自分でウェブサイトを作るという方法もあります。 現在は更に便利で簡単なシステムがあって、商品の写真をとってアップするだけでごく低価で購買機能が付いたショップが開店できるというサービスもあり、多くの方が自分お店をネット上に持つという夢を叶えられるようになっています。

インターネット広告の必要性

皆さんはインターネット広告についてどのくらいご存じでしょうか?
インターネット上には広告を出稿している広告主がたくさんいます。
テレビCMや新聞広告、屋外広告や折り込み広告など、いわゆるリアル媒体と比較してインターネット上の広告には以下のような特徴があります。
インターネット広告は広告効果を詳細な数字でデータ化することができるので、費用対効果を高めるためのトライ&エラーを短い期間で繰り返し行っていくことができます。
そしてWebサイトを広告のリンク先として設定することで、物理的な制限や影響を受けることなくサービスや商品についての情報を掲載することが可能なため、ユーザーに対してより深い認知と理解をさせる事ができます。
インターネットを使用する上で欠かせないポータルサイト。
代表的なもので言えばヤフーやグーグルなどがありますが、そのポータルサイトでユーザーが検索をかけたキーワードに関連する広告を表示するリスティング広告などが最も主流でした。
最近ではリスティング広告以外でも様々なターゲティング手法により、リアル媒体に比べてユーザーが関心のある情報をよりタイムリーに届けることが可能になりました。
インターネット上では様々な情報が保存されるため、それらの情報をもとにユーザーに対して非常に精度の高いターゲティングを行うことができます。
それぞれのウェブサイトで、ユーザーが会員登録をすることで、属性情報や趣味嗜好などの情報を得ることができます。
インターネットに接続する際、使用しているIPアドレスからは、アクセスしている地域も特定することができます。
そしてCookieなどを利用して、そのユーザー(厳密に言えばブラウザ)が過去にどのようなウェブサイトを閲覧したり、どのようなキーワードで検索したのか、といった履歴を蓄積することもできます。
以上のような情報から、そのユーザーの趣味嗜好に限りなくマッチした詳細なターゲティングと広告配信を行うことが可能となります。
そしてそれをデータで管理し、広告費に対しどの程度の効果があったか、といった情報を把握することで、コストパフォーマンスをより高めていく施策を行うことが出来るようになります。

これだけ肯定的にお話ししましたが、やはり良い事ばかりではありません。
インターネット上には無数の情報が氾濫しているのも事実で、そのため広告によって提供される情報に対し、ユーザーからの公正性を判断しにくいという可能性もあります。
その結果、ユーザーの目にとまらずに広告が埋もれてしまうこともあります。
今回、私の過去の経験から学んだ、失敗しないための広告運用のポイントを広告の種類別で書いてみましたので参考にしてみてください。

今や子供からお年寄りまでインターネットは欠かせない存在となり、利用者は増える一方です。
十年前から日本の後期中等教育の課程に新設されるようにもなりました。
それほどまでにインターネットは私たちの生活にはなくてはならないものなのです。
しかし情報の氾濫により情報自体の価値が下がってしまい、それゆえに信頼度の高い情報を自分で分析し収集しなくてはならなくなりました。
かくいう私も、競馬をやる機会が多いため信頼度の高い競馬情報サイトをチェックするのが日課になりつつあります。
今ほどのネット社会でなければ、もしかしたら競馬は続けていなかったかもしれません。
信頼度の高い情報は人の生活パターンにも多大なる影響を及ぼすのですね。